福 鈴

   


「福鈴」縁起のいい名前の和鈴で、神社の拝殿に参拝する時に鳴らす鈴の形です。キャットカラーに丁度良い大きさで、取り外しが簡単にできるカニカンがついています。音は高すぎず、低すぎず、大き過ぎず小さすぎず、そして響きすぎない猫ちゃんに優しい音色です。






猫ちゃんの居場所を優しく教えます

日本では江戸時代以降に猫に鈴をつけるようになったそうです。もともとは鼠を捕る為に飼われていた猫が鈴をつけるようになったのは、「もう鼠捕りをしなでいいよ〜」=「居場所を知らせる」っていう事なんですね。

狭いところ、暗いところ、高いところが大好きな猫ちゃん達、ちいさく響く「ちりり・・」っていう音で居場所がわかって安心ですね。
ゆったり過ごす静かな時間、ちりりん ちりりんとなる鈴の音に猫ちゃんの気配を感じてふんわりと心が和みます。姿が見えなくても猫ちゃんと飼い主さんを優しくつなぐ鈴の音です。


カニカンつきで取り外しが簡単です

招き猫の首輪の鈴と同じ “ぷっくり” した愛らしいフォルムの鈴に、着脱が簡単にできるようカニカンをつけました。「猫の暮らし」の鈴無しタイプのキャットカラーにも付けることができます。

 





素 材 鈴部分 / 鉄にメッキ
サイズ 鈴の直径12mm 
注 意 カニカンは、「猫の暮らし」の首輪についている金具に取付け可能な小さなサイズです。「犬と生活」のワンちゃん用の首輪の金具にはサイズが合いませんので、別に丸カンなどをかませる必用があります。



     
  福 鈴   ¥100 税抜き